• HAKUYOU

さて、土用である。

本日より土用入りである。

(11月7日まで)


あれこれ闇雲に動き回りたくなったりしがちな時期である。


いつでも心鎮めて過ごせると良いが、

この期間は特に心鎮めることを意識したい。


心鎮めるとは、心を重たくすることではなく、

置かれている状況が興奮するようなもの、嬉しすぎるもの、悲しいもの、辛いもの、どのようなものであったとしても、

そうなんだな、という淡々とした気持ちで過ごすようなイメージで良い。


そして、しみじみと感謝してみる。

どのような体験もあなたをより良いところに導いてくれるヒントになることに気付く。


掃除や家の中を整えること、余分なものをはらっていくこと、

体調を調えることにこの期間を使ってみて欲しい。


家の中を整えるのに、新しい何かを加えないというところが重要である。

買い足すのに相応しい時期ではないし、

自分にとって正しいものを選びにくい時期なのである。


自分自身と自分自身の状態を表現している住まいを綺麗に浄化しておくと

なんだかどうしてとにかく色々と良いから、

あれこれ動き回りたくなったら、掃除をしたいものである。


皆でスッキリ爽やかに土用明けを迎えたいと思う。






この度の台風の被害に遭われた方、

被災地に大切な方のいらっしゃる方に心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く平常が戻るよう、少しでも早く心が安らぐようお祈りいたします。



6回の閲覧

最新記事

すべて表示

大晦日である。

大晦日である。 昨日までは、間に合うのか間に合わないのかどうなのか、 とあわあわしながら動き回っていたが、 もうここまで来ると、あとはじっと新年を待つ以外に無いという気持ちである。 大掃除、 玄関飾りと鏡餅は間に合った、 (不器用者のDIYである) (多少のことは目を瞑る必要がある) (薄目で見れば粗に気が付かずに済む) お供え物も準備できた、 (家族をおだてたりなだめたりすかしたりして買って来て

​© 2019 by HAKUYOU