• HAKUYOU

アフターフルムーン

すっかり丸くなってしまった、と言って

お月様がオイオイ泣くので


私は裁縫箱から針を出して

窓を開けてお月様に投げた。


針はお月様に当たってプシューという音を立てた。


私は、どんな姿のお月様も可愛いんだけどな、と思ったが


お月様が、空気が抜けてきたことに満足げな顔をしたので


私は、本人が喜んでいるならまあいいか、と納得して窓を閉めた。


オシマイ




本日、14日日曜日の13時33分は満月であった。


満月の後には、手放すことを意識するとよい。


あなたの喜びの邪魔になっている思考や癖、壁のようなものを

手放すために紙に書くとよい。


緑色のフリクションペンで書くとよいという話もあるので、

こだわりがあれば緑色のフリクションペンで書くとなお良いだろう。


例えば、

転職がうまくいっていないなら、

転職の邪魔になっている思考や癖、障害や壁が何なのかを考えてみる。


恐れの思考で動きにくいなら、

恐れを手放しました。

と紙に書いていく。


転職活動の時間が無いという思い込みを手放しました、

焦りを手放しました、

条件の合わない仕事を手放しました、

あなたは何でも自由に書くことができる。


手放せたらホッとするなと感じることを手放したテイで書くとよい。


私はというと、

料理盛付時に散らしグセがあり、

盛り付けた途端にパセリやパクチーなぞの緑っぽいものを散らしたくなり実行に移しててしまいがちである。

折角一旦まとまった味を崩してしまう自分に悲しみこらえられないこともある。

今回の満月では、この散らしグセを手放したという宣言を書くつもりである。


会話散らかしグセだとか、

運気散らしグセだとか、

何かと散らしがちなら、この機会に手放してみて欲しい。


もちろん、つらい状況や、悲しい気持ちを手放すこともできる。


あなたの抱えている重たいもの、あなたの幸せに不要なものが、

優しく手放されていくよう祈っている。




3回の閲覧

最新記事

すべて表示

大晦日である。

大晦日である。 昨日までは、間に合うのか間に合わないのかどうなのか、 とあわあわしながら動き回っていたが、 もうここまで来ると、あとはじっと新年を待つ以外に無いという気持ちである。 大掃除、 玄関飾りと鏡餅は間に合った、 (不器用者のDIYである) (多少のことは目を瞑る必要がある) (薄目で見れば粗に気が付かずに済む) お供え物も準備できた、 (家族をおだてたりなだめたりすかしたりして買って来て

​© 2019 by HAKUYOU