• HAKUYOU

ゴールデンドロップ

最終更新: 5月7日



彼女は、その実を刈り取って司祭に渡した。


司祭はそれを握り潰して搾ったゴールデンドロップを皿に受けた。


司祭は、右手で皿を持ち、左手でゴールデンドロップを皿からすくった。


そして、彼女の額に左手をこすりつけた。


彼女はお辞儀をしてゴンドラに乗り込んだ。


司祭が手を振ると、舟は動き始めた。


一部始終を見ていた鹿が走り去った。


司祭も立ち去った。


11回の閲覧

最新記事

すべて表示

​© 2019 by HAKUYOU