• HAKUYOU

月の砂漠のこと


月の砂漠に出会ったのは、

何年か前の夏至を迎える前、明るくて気持ち良い日のことだった。


ふと窓の方を見ると、外は夜の砂漠だった。


私は休憩にお茶を飲んでいるところだった。


私は外に出てみた。


どこまでも砂漠は広がり、夜も広がっていた。

砂は白銀でお月さまと同じ色をしていた。


空気はひんやりと透き通っていた。


星たちが追いかけっこをしてキラキラと笑っていた。

星たちを見て砂がサラサラと笑った。

私も笑った。


さみしくなったり疲れたりしたらここにおいで

お月さまはそう言って微笑んだ。


ありがとうと言って私は部屋に戻った。

そして残していたお茶を飲んだ。




閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

寒い日だった。 HKYROOMに今日来たのは、中年の女性であった。 栗色に染めた髪の毛を長く伸ばしていて、 (髪の毛は少しだけカサカサしていた) アイボリーのような色合いのセーターに 黒と灰色と紺色がチェックに混ざった長いスカートを履いていた。 美しい女性だが、 少し沈んだような表情をしていた。 私は、羊の隣に座っていた。 彼女は丸いテーブルを挟んで向かい側に座った。 もう2月になるというのに、

満月がもうすぐそこに来ていたので よい気分でウイスキーを楽しんでいたら 空にこぼしてしまって 宵闇にウイスキーのシミが出来た。 雲がふらふら近づいて来て 私をデートに誘った。 どうやらこぼしたウイスキーが掛かって 酔っ払ったようだ。 私は一旦帰らせて欲しいと雲に頼んだ。 そして着替えをして、化粧を直した。 そして、雲が迎えに来るのを待っているところ。 オシマイ もしも あなたが今、停滞していたり低