• HAKUYOU

2019・5月 ある日

仕事場に向かう途中、

トントンと肩を叩かれたように感じたので

後ろを振り返ったら

足がぐらついて階段から落ちた。


私は悲しくなってシクシク泣いた。


悲しい気持ちのまま小部屋に入ると、

おとこの頭が此方の方をチラリと見て奥の部屋へと行ってしまった。

(彼はいつも私より早く小部屋に居る)

(始業時間よりずっと早くから居る)

(そういう性分なんだと思う)


私は悲しみを振り払って仕事の準備を始めた。

私は悲しくないのだと自分に言い聞かせた。


悲しくないふりをする必要はありません、と

おとこの頭がお茶の乗ったお盆を持ってやって来た。


少なくともここでは

と、おとこの頭はテーブルにお茶のセットを置いた。


私は再びシクシク泣いた。

そしてオイオイ泣いた。


私はひとしきり泣いた。

その間、おとこの頭は黙っていた。


私はお茶を飲んだ。

そうすると、私は最初から悲しくなかったということに気が付いた。



私は可笑しくなって笑った。

おとこの頭も笑った。


私たちは声をあげて笑った。


いつもより少し遅れて、小部屋に眼鏡を掛けた羊が入って来た。


仕事が始まった。





1回の閲覧

最新記事

すべて表示

HKYROOM

寒い日だった。 HKYROOMに今日来たのは、中年の女性であった。 栗色に染めた髪の毛を長く伸ばしていて、 (髪の毛は少しだけカサカサしていた) アイボリーのような色合いのセーターに 黒と灰色と紺色がチェックに混ざった長いスカートを履いていた。 美しい女性だが、 少し沈んだような表情をしていた。 私は、羊の隣に座っていた。 彼女は丸いテーブルを挟んで向かい側に座った。 もう2月になるというのに、

FM in Y

満月がもうすぐそこに来ていたので よい気分でウイスキーを楽しんでいたら 空にこぼしてしまって 宵闇にウイスキーのシミが出来た。 雲がふらふら近づいて来て 私をデートに誘った。 どうやらこぼしたウイスキーが掛かって 酔っ払ったようだ。 私は一旦帰らせて欲しいと雲に頼んだ。 そして着替えをして、化粧を直した。 そして、雲が迎えに来るのを待っているところ。 オシマイ もしも あなたが今、停滞していたり低

​© 2019 by HAKUYOU