• HAKUYOU

3月生まれの方 2020年の小さなメッセージ



「奉仕による成長」がテーマです。

精神面を更に美しく成長させて、周囲に貢献していくことで、

ますます運が開けてくる一年となりそうです。


あなたの知覚出来るところ、知覚出来ないところ、両方において、

あなたという存在によって

助かっている人たちが沢山います。


この一年は

より意識的に、誰かに、社会に奉仕していくと良いでしょう。


それは、

具体的に誰かを手助けしたり、

誰かの苦手なことの中であなたにとっては得意なことを行なったり、

困りごとを解決したり、

誰かがうまくいくように手配したりアドバイスしたり、

環境に配慮したり、

健康的な生活をしたり、

誰かの幸運を一緒に喜んだり、

にっこり笑いかけたり、

プレゼントをしたり、

誰かの為に祈りを捧げたり、

道端のゴミを拾って適切な場所に捨てたり、

小さなこと、大きなこと、

目に見えること、見えないこと、

何でも良いのです。


そうして誰かの役に立つことを、

毎日喜ぶようにして下さい。


奉仕には、幾つかのポイントがあるようで、

見返りを求めないことと、

罪悪感から行われないことと、

犠牲にならないこと

が特に大切なことのようです。


誰かの役に立った時、

その人、或いはまた別のところから新たな喜びのエネルギーが入ってきます。

その人から返ってくるということに拘らないようにして下さい。


あなたに負い目があったとして、あなたが光り輝いていて存在しているだけで役に立っているという事実は変えようがありません。

負い目があるから誰かを助けないといけないのではなく、

奉仕の喜びを感じる為に助けることを選んで下さい。

苦しみを感じる奉仕は奉仕ではなく、犠牲であることを忘れないで下さい。



魚座の方

この世の為に大切なことは何かをベースに選択しながら、

世の中に貢献していくことで更なる美しい成長が期待できそうです。

それは、ゴミを拾うなどの小さなことも含まれます。

環境や、私たちの仲間である未来に生まれる人たちに貢献していくとは

どのようなことかを意識しておくと素晴らしいでしょう。

深いところで迷ったりするようなことがあれば、

奉仕の力を外側へ広げていくと、それがあなたを助けてくれます。


牡羊座の方

あなた自身をそぎ落としていきながら、

周囲に奉仕、社会に貢献していくことで、

更なる成長が期待できそうです。

あなたがあなたを信頼していることが最も大切ですから、

これまでに蓄えてきた、あなたに対する外側からの表面上の信用も

手放してしまって大丈夫です。

あなた自身が素晴らしい力です。

使うのは、あなたの肩書きではなくあなた自身の力です。

その素晴らしさを表現して下さい。

真にあなたを信頼する人には間違いなく伝わります。



楽しい一年にして下さいね。

3月生まれのあなたの2020年が、

心安らかで幸せな年となりますように。



※鑑定にお越しくださる場合はそちらの結果を重要視なさって下さい。


お読みいただきありがとうございました。

白羊でした。

最新記事

すべて表示

12月生まれの方 2020年の小さなメッセージ

「熱意と献身」がテーマです。 あなたの力強さを、創造的なことを保護していく為に使用していくことによって、 ますます運が開けてくる一年となりそうです。 創造的なことの保護とは、 他者の創造性をサポートすることかもしれませんし、 あなた自身の創造性を伸ばしていくことかもしれません。 芸術的なことであれ、 ものづくりであれ、 生き方であれ、 仕事であれ、 子育てであれ、 他者の創造性をサポートするには、

11月生まれの方 2020年の小さなメッセージ

「決定とスタート」がテーマです。 小さな事や大きな事の目に見える成果を目指したり、 何らかの実際的な方針を決定して動き始めたり、 地に足をつけて具体的結果を求めていく事で、 ますます運が引けてくる一年となりそうです。 物理的に行動していくこと、 実際的なことをスタートさせていくことが吉となります。 場所を決める、 結婚や契約をする、 冒険をする、 商売をする、 経営をする、 創作をする、 農業をす

10月生まれの方 2020年の小さなメッセージ

「深遠さ」がテーマです。 いつも以上に、より深い意味を探っていくような探究心を働かせ、 答えを出していくことで、ますます運が開けてくる一年となりそうです。 あなたの心の動きに注目して、 スピリチュアルな学びを得ていくと良いでしょう。 あなたの心が真に求めていることを理解しようとし、 求めているものがどこにあるのかを探してみて下さい。 優しさは優しさを生むという仕組みや、 霊的な世界に触れていくのも

​© 2019 by HAKUYOU