• HAKUYOU

HKYROOM

寒い日だった。


HKYROOMに今日来たのは、中年の女性であった。


栗色に染めた髪の毛を長く伸ばしていて、

(髪の毛は少しだけカサカサしていた)

アイボリーのような色合いのセーターに

黒と灰色と紺色がチェックに混ざった長いスカートを履いていた。


美しい女性だが、

少し沈んだような表情をしていた。


私は、羊の隣に座っていた。

彼女は丸いテーブルを挟んで向かい側に座った。


もう2月になるというのに、

と彼女は口を開いた。


2020年になって1ヶ月が過ぎたというのに、

私は毎日世の中のニュースに釘付けで、何にも手につかないんです

と言って、彼女は涙をこぼした。


何の役にも立てていないことが苦しいのです

やりたいことは沢山あるんです

やらないといけないことも沢山あるんです

手につかないんです、

ニュースやゴシップで頭がいっぱいで


そう言った彼女の頰を涙が次から次へとつたった。


お茶を淹れて来ましょう

羊はそう言って席を立った。


(いつもお茶を淹れる男の頭は今日も出勤していた。)

(それなのに席を立ったということは、

きっと羊は私に対応させようとしたのだと思う。)


私は、仕事を任された喜びと興奮が湧いて来て

熟練の技を持つが気性の荒い師匠のような

厳しい部活の先輩のような強気の気持ちになった。


彼女に対してむくむくと、批判精神が湧き上がった。


やりたいことよりも、ニュースで不安になったり、ゴシップに夢中になることが

あなたの人生で重要だと考えていらっしゃるということになってしまいますよね

情報の断捨離が必要なんじゃないですか


私は笑顔だが、心の中で彼女を睨みつけるような態度を取った。


いいですか、

2020年はスピリチュアルな世界では、猛スピードで行動を起こさないといけないんですよ

あなたは取り残されたいのですか

精神性を高めないといけないし、

地球は感情の星だから、感情の起伏を味わうために色々な体験をしないといけないし

焦ってはいけないし

猛スピードではなくペースを守らないといけないし、

感情の起伏を無くしていかないといけないから穏やかでいるべきだし、

自我を手放して他人に尽くさないといけないし

欲を持ってはいけないし

引き寄せの法則では欲しいものを明確にしたイメージが大切だし

自分を一番大切にするのがスピリチュアルでは大切だし


彼女は困惑した顔をした。

私は多くの矛盾に気付いたが、もう止まることは出来なかった。


欲があるから叶うのだし

地球は物質の星だから獲得を楽しむべきだし

ワンネスだし

全体性が大切で

個人でアセンションだし

アセンションだから欲は手放して下さい

何度も言いますが、急がないと取り残されます


私は何を言っているのか分からなくなってきた。


羊がお茶のセットを持って戻ってきた。


そして、お茶をお客様の前に置いて、

あなたも、情報の断捨離が必要なようですね

と、私を見ずに言った。


その空気が、私を一切責めていないのを伝えてきた。

私は恥ずかしくて俯いた。


心が喜びと感謝に満たされている時

あなたは何もしていなくても十分に役に立っています

と羊は言った。


誰かの役に立ちたい、

世界のために何かをしたい、

そう思うなら、

どうか幸せを感じていて下さい

あなたが幸せを感じている時、

世界の役に立っています

と、もう一度同じことを羊は言った。


どうやったら、幸せを感じることができるのですか

私は、彼女が黙っているので代わりに聞くようなふりをした。

(本当は自分が聞きたかった)


気持ちが沈んだら、それをやめることですよ

やめられない状況に関しては、その中にある喜びに注目することです


ニュースを知って気分が沈んだらニュースを必要以上に観ないようにする、

ニュースに関わる職場で働いているなら、幸せを感じることに注目する

できることをやると良いでしょう

もう末期の症状であると感じるならば思い切ったことが必要でしょう


私は心の中で、

情報の断捨離をしよう、と固く誓った。


彼女も頷いた。

そして、私に向けて優しい笑顔を見せてくれた。

(私は彼女の包容力にホッとした)


ごめんなさい、

私は彼女に謝った。


彼女はもう一度にっこりした。

そして、席を立って帰って行った。


謝れましたね、

羊は、そう言って私にもお茶を淹れてくれた。


私は、幼子のような気持ちを感じた。


男の頭も席に着いた。

そして、三人でお茶を飲んだ。














13回の閲覧

最新記事

すべて表示

FM in Y

満月がもうすぐそこに来ていたので よい気分でウイスキーを楽しんでいたら 空にこぼしてしまって 宵闇にウイスキーのシミが出来た。 雲がふらふら近づいて来て 私をデートに誘った。 どうやらこぼしたウイスキーが掛かって 酔っ払ったようだ。 私は一旦帰らせて欲しいと雲に頼んだ。 そして着替えをして、化粧を直した。 そして、雲が迎えに来るのを待っているところ。 オシマイ もしも あなたが今、停滞していたり低

​© 2019 by HAKUYOU