• HAKUYOU

S/S (SUMMER SOISTICE)


昨晩、お月さまが

明日はゆっくり眠るから

ゆっくり遊びにおいでよ

と言ったので


わたしは踊りに出掛けてから

お月さまのところに寄ることにした。


わたしは少し開放的な気持ちで、

お酒の入った小瓶をポケットに入れて、重力の向こうのダンスホールへ向かった。


受付にはガニメデスがいて、チケットを切っていた。


わたしは片手を上げて挨拶をした。


ダンスホールの中は夜空が広がっていて、そして随分混んでいた。


ダンスホールの真ん中で、太陽が目を閉じて踊っていた。


わたしは彼女のダンスに釘付けになった。


わたしはポケットから小瓶を出して、中身を一気に飲み干した。


それを見て、ガニメデスがわたしを突いてからかった。


わたしはガニメデスの手をを振り払って、太陽に近付いた。


わたしは太陽と踊りたかったので

酔っているふりをして彼女の手をとった。


仕方のないひとね、

と、太陽は言ってわたしに体重をかけた。


夏至の前の夜の話。


オシマイ。


追伸:夏至の日は、あなたにとって瞑想的であるようにして過ごすとよい。

それがダンスでも、料理でも、座禅でも瞑想でも、なんでも、

あなたにとって瞑想的なことをしてみてほしい。


夏至の日、白羊は鑑定をする。

夏至の過ごし方として、とっても瞑想的で理想的だと思う。





1回の閲覧

最新記事

すべて表示

HKYROOM

寒い日だった。 HKYROOMに今日来たのは、中年の女性であった。 栗色に染めた髪の毛を長く伸ばしていて、 (髪の毛は少しだけカサカサしていた) アイボリーのような色合いのセーターに 黒と灰色と紺色がチェックに混ざった長いスカートを履いていた。 美しい女性だが、 少し沈んだような表情をしていた。 私は、羊の隣に座っていた。 彼女は丸いテーブルを挟んで向かい側に座った。 もう2月になるというのに、

FM in Y

満月がもうすぐそこに来ていたので よい気分でウイスキーを楽しんでいたら 空にこぼしてしまって 宵闇にウイスキーのシミが出来た。 雲がふらふら近づいて来て 私をデートに誘った。 どうやらこぼしたウイスキーが掛かって 酔っ払ったようだ。 私は一旦帰らせて欲しいと雲に頼んだ。 そして着替えをして、化粧を直した。 そして、雲が迎えに来るのを待っているところ。 オシマイ もしも あなたが今、停滞していたり低

​© 2019 by HAKUYOU